家庭内暴力ということではないのですが、や廃r、家庭の中では、誰かが我慢する人がいないといけないようです。大家族であれば、おじいちゃん、おばあちゃんが家にいつもいて、がまんしてくれていました。ところが、核家族になると、そういう人はいなくなっています。家に大人がいるというのは、子供にとってとても大切なことなのです。自分よりも下の存在というか、暴力するということではなく、いつも馬鹿にできる存在というのが重要です。文句言いながらの居心地がよくて、戻ってきます。部屋も、できたら、ドアに鍵化がかからないものがいいです。引き戸がいいのです。喧嘩しても、親をブロックすることはできません。自然と、家の中を移動しないといけない仕組みです。まずは、家の中から、その仕組みが必要でしょう。こちらだって、いくらでも引きこもりになれます、しかし、家で誰かが、表と交渉していかなければなりません。引きこもれないのです。これは治療でしょうか。ミュゼ 100円 部位